万葉集2263番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2263番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2263番について

歌番号

2263番

原文

九月|四具礼乃雨之|山霧|烟寸<吾>胸|誰乎見者将息|[一云|十月|四具礼乃雨降]

訓読

九月のしぐれの雨の山霧のいぶせき我が胸誰を見ばやまむ|[一云|十月しぐれの雨降り]

かな読み

ながつきの|しぐれのあめの|やまぎりの|いぶせきあがむね|たをみばやまむ|[かむなづき|しぐれのあめふり]

カタカナ読み

ナガツキノ|シグレノアメノ|ヤマギリノ|イブセキアガムネ|タヲミバヤマム|[カムナヅキ|シグレノアメフリ]

ローマ字読み|大文字

NAGATSUKINO|SHIGURENOAMENO|YAMAGIRINO|IBUSEKIAGAMUNE|TAOMIBAYAMAMU|[KAMUNAZUKI|SHIGURENOAMEFURI]

ローマ字読み|小文字

nagatsukino|shigurenoameno|yamagirino|ibusekiagamune|taomibayamamu|[kamunazuki|shigurenoamefuri]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情|鬱屈|異伝

校異

吾告->吾【万葉集略解】

寛永版本

ながつきの,[寛]なかつきの,
しぐれのあめの,[寛]しくれのあめの,
やまぎりの,[寛]やまきりの,
いぶせきあがむね,[寛]けふきわかむね,
たをみばやまむ,[寛]たれをみはやまむ,
[かむなづき,[寛]かみなつき,
しぐれのあめふり],[寛]しくれのあめふり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました