万葉集2236番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2236番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2236番について

歌番号

2236番

原文

玉手次|不懸時無|吾戀|此具礼志零者|沾乍毛将行

訓読

玉たすき懸けぬ時なし我が恋はしぐれし降らば濡れつつも行かむ

かな読み

たまたすき|かけぬときなし|あがこひは|しぐれしふらば|ぬれつつもゆかむ

カタカナ読み

タマタスキ|カケヌトキナシ|アガコヒハ|シグレシフラバ|ヌレツツモユカム

ローマ字読み|大文字

TAMATASUKI|KAKENUTOKINASHI|AGAKOHIHA|SHIGURESHIFURABA|NURETSUTSUMOYUKAMU

ローマ字読み|小文字

tamatasuki|kakenutokinashi|agakohiha|shigureshifuraba|nuretsutsumoyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまたすき[寛],
かけぬときなし[寛],
あがこひは,[寛]わかこひは,
しぐれしふらば,[寛]しくれしふらは,
ぬれつつもゆかむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました