万葉集2042番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2042番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2042番について

歌番号

2042番

原文

數裳|相不見君矣|天漢|舟出速為|夜不深間

訓読

しばしばも相見ぬ君を天の川舟出早せよ夜の更けぬ間に

かな読み

しばしばも|あひみぬきみを|あまのがは|ふなではやせよ|よのふけぬまに

カタカナ読み

シバシバモ|アヒミヌキミヲ|アマノガハ|フナデハヤセヨ|ヨノフケヌマニ

ローマ字読み|大文字

SHIBASHIBAMO|AHIMINUKIMIO|AMANOGAHA|FUNADEHAYASEYO|YONOFUKENUMANI

ローマ字読み|小文字

shibashibamo|ahiminukimio|amanogaha|funadehayaseyo|yonofukenumani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

しばしばも,[寛]しはしはも,
あひみぬきみを[寛],
あまのがは,[寛]あまのかは,
ふなではやせよ,[寛]ふなてはやせよ,
よのふけぬまに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました