万葉集2107番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2107番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2107番について

歌番号

2107番

原文

事更尓|衣者不<揩>|佳人部為|咲野之芽子尓|丹穂日而将居

訓読

ことさらに衣は摺らじをみなへし佐紀野の萩ににほひて居らむ

かな読み

ことさらに|ころもはすらじ|をみなへし|さきののはぎに|にほひてをらむ

カタカナ読み

コトサラニ|コロモハスラジ|ヲミナヘシ|サキノノハギニ|ニホヒテヲラム

ローマ字読み|大文字

KOTOSARANI|KOROMOHASURAJI|OMINAHESHI|SAKINONOHAGINI|NIHOHITEORAMU

ローマ字読み|小文字

kotosarani|koromohasuraji|ominaheshi|sakinonohagini|nihohiteoramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|地名|植物

校異

摺->揩【元】【類】

寛永版本

ことさらに[寛],
ころもはすらじ,[寛]ころもはすらし,
をみなへし[寛],
さきののはぎに,[寛]さくののはきに,
にほひてをらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました