万葉集2166番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2166番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2166番について

歌番号

2166番

原文

妹手<呼>|取石池之|浪間従|鳥音異鳴|秋過良之

訓読

妹が手を取石の池の波の間ゆ鳥が音異に鳴く秋過ぎぬらし

かな読み

いもがてを|とろしのいけの|なみのまゆ|とりがねけになく|あきすぎぬらし

カタカナ読み

イモガテヲ|トロシノイケノ|ナミノマユ|トリガネケニナク|アキスギヌラシ

ローマ字読み|大文字

IMOGATEO|TOROSHINOIKENO|NAMINOMAYU|TORIGANEKENINAKU|AKISUGINURASHI

ローマ字読み|小文字

imogateo|toroshinoikeno|naminomayu|toriganekeninaku|akisuginurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|大阪府|高石市|地名|枕詞|動物|季節

校異

乎->呼【元】【類】

寛永版本

いもがてを,[寛]いもかてを,
とろしのいけの[寛],
なみのまゆ,[寛]なみまより,
とりがねけになく,[寛]とりのこゑなく,
あきすぎぬらし,[寛]あきすきぬらし,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました