万葉集2309番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2309番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2309番について

歌番号

2309番

原文

祝部等之|齋經社之|黄葉毛|標縄越而|落云物乎

訓読

祝らが斎ふ社の黄葉も標縄越えて散るといふものを

かな読み

はふりらが|いはふやしろの|もみちばも|しめなはこえて|ちるといふものを

カタカナ読み

ハフリラガ|イハフヤシロノ|モミチバモ|シメナハコエテ|チルトイフモノヲ

ローマ字読み|大文字

HAFURIRAGA|IHAFUYASHIRONO|MOMICHIBAMO|SHIMENAHAKOETE|CHIRUTOIFUMONO

ローマ字読み|小文字

hafuriraga|ihafuyashirono|momichibamo|shimenahakoete|chirutoifumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|比喩

校異

歌【西】謌

寛永版本

はふりらが,[寛]はふりらか,
いはふやしろの[寛],
もみちばも,[寛]もみちはも,
しめなはこえて[寛],
ちるといふものを,[寛]ちるてふものを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました