万葉集2155番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2155番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2155番について

歌番号

2155番

原文

秋芽子之|開有野邊|左<壮>鹿者|落巻惜見|鳴去物乎

訓読

秋萩の咲たる野辺にさを鹿は散らまく惜しみ鳴き行くものを

かな読み

あきはぎの|さきたるのへに|さをしかは|ちらまくをしみ|なきゆくものを

カタカナ読み

アキハギノ|サキタルノヘニ|サヲシカハ|チラマクヲシミ|ナキユクモノヲ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|SAKITARUNOHENI|SAOSHIKAHA|CHIRAMAKUOSHIMI|NAKIYUKUMONO

ローマ字読み|小文字

akihagino|sakitarunoheni|saoshikaha|chiramakuoshimi|nakiyukumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物

校異

牡->壮【元】【類】

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
さきたるのへに[寛],
さをしかは[寛],
ちらまくをしみ[寛],
なきゆくものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました