万葉集2124番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2124番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2124番について

歌番号

2124番

原文

欲見|吾待戀之|秋芽子者|枝毛思美三荷|花開二家里

訓読

見まく欲り我が待ち恋ひし秋萩は枝もしみみに花咲きにけり

かな読み

みまくほり|あがまちこひし|あきはぎは|えだもしみみに|はなさきにけり

カタカナ読み

ミマクホリ|アガマチコヒシ|アキハギハ|エダモシミミニ|ハナサキニケリ

ローマ字読み|大文字

MIMAKUHORI|AGAMACHIKOHISHI|AKIHAGIHA|EDAMOSHIMIMINI|HANASAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

mimakuhori|agamachikohishi|akihagiha|edamoshimimini|hanasakinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|属目

校異

特に無し

寛永版本

みまくほり[寛],
あがまちこひし,[寛]わかまちこひし,
あきはぎは,[寛]あきはきは,
えだもしみみに,[寛]えたもしみみに,
はなさきにけり[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました