万葉集2066番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2066番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2066番について

歌番号

2066番

原文

擇月日|逢義之有者|別乃|惜有君者|明日副裳欲得

訓読

月日えり逢ひてしあれば別れまく惜しくある君は明日さへもがも

かな読み

つきひえり|あひてしあれば|わかれまく|をしくあるきみは|あすさへもがも

カタカナ読み

ツキヒエリ|アヒテシアレバ|ワカレマク|ヲシクアルキミハ|アスサヘモガモ

ローマ字読み|大文字

TSUKIHIERI|AHITESHIAREBA|WAKAREMAKU|OSHIKUARUKIMIHA|ASUSAHEMOGAMO

ローマ字読み|小文字

tsukihieri|ahiteshiareba|wakaremaku|oshikuarukimiha|asusahemogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

つきひえり[寛],
あひてしあれば,[寛]あひてしあれは,
わかれまく,[寛]わかれちの,
をしくあるきみは,[寛]をしかるきみは,
あすさへもがも,[寛]あすさへもかな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました