万葉集2160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2160番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2160番について

歌番号

2160番

原文

庭草尓|村雨落而|蟋蟀之|鳴音聞者|秋付尓家里

訓読

庭草に村雨降りてこほろぎの鳴く声聞けば秋づきにけり

かな読み

にはくさに|むらさめふりて|こほろぎの|なくこゑきけば|あきづきにけり

カタカナ読み

ニハクサニ|ムラサメフリテ|コホロギノ|ナクコヱキケバ|アキヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

NIHAKUSANI|MURASAMEFURITE|KOHOROGINO|NAKUKOEKIKEBA|AKIZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

nihakusani|murasamefurite|kohorogino|nakukoekikeba|akizukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

にはくさに[寛],
むらさめふりて[寛],
こほろぎの,[寛]きりきりす,
なくこゑきけば,[寛]なくこゑきけは,
あきづきにけり,[寛]あきつきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました