万葉集2072番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2072番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2072番について

歌番号

2072番

原文

渡守|船度世乎跡|呼音之|不至者疑|梶<聲之>不為

訓読

渡り守舟渡せをと呼ぶ声の至らねばかも楫の音のせぬ

かな読み

わたりもり|ふねわたせをと|よぶこゑの|いたらねばかも|かぢのおとのせぬ

カタカナ読み

ワタリモリ|フネワタセヲト|ヨブコヱノ|イタラネバカモ|カヂノオトノセヌ

ローマ字読み|大文字

WATARIMORI|FUNEWATASEOTO|YOBUKOENO|ITARANEBAKAMO|KAJINOTONOSENU

ローマ字読み|小文字

watarimori|funewataseoto|yobukoeno|itaranebakamo|kajinotonosenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

之聲->聲之【元】【類】

寛永版本

わたりもり[寛],
ふねわたせをと[寛],
よぶこゑの,[寛]よふこゑの,
いたらねばかも,[寛]いたらねはかも,
かぢのおとのせぬ,[寛]かちのおとせぬ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました