万葉集2226番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2226番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2226番について

歌番号

2226番

原文

無心|秋月夜之|物念跡|寐不所宿|照乍本名

訓読

心なき秋の月夜の物思ふと寐の寝らえぬに照りつつもとな

かな読み

こころなき|あきのつくよの|ものもふと|いのねらえぬに|てりつつもとな

カタカナ読み

ココロナキ|アキノツクヨノ|モノモフト|イノネラエヌニ|テリツツモトナ

ローマ字読み|大文字

KOKORONAKI|AKINOTSUKUYONO|MONOMOFUTO|INONERAENUNI|TERITSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

kokoronaki|akinotsukuyono|monomofuto|inoneraenuni|teritsutsumotona

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節|風景讃美

校異

特に無し

寛永版本

こころなき[寛],
あきのつくよの,[寛]あきのつきよの,
ものもふと,[寛]ものおもふと,
いのねらえぬに,[寛]いのねられぬに,
てりつつもとな[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました