万葉集2101番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2101番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2101番について

歌番号

2101番

原文

吾衣|<揩>有者不在|高松之|野邊行之者|芽子之<揩>類曽

訓読

我が衣摺れるにはあらず高松の野辺行きしかば萩の摺れるぞ

かな読み

あがころも|すれるにはあらず|たかまつの|のへゆきしかば|はぎのすれるぞ

カタカナ読み

アガコロモ|スレルニハアラズ|タカマツノ|ノヘユキシカバ|ハギノスレルゾ

ローマ字読み|大文字

AGAKOROMO|SURERUNIHAARAZU|TAKAMATSUNO|NOHEYUKISHIKABA|HAGINOSURERUZO

ローマ字読み|小文字

agakoromo|surerunihaarazu|takamatsuno|noheyukishikaba|haginosureruzo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|高円|地名|植物

校異

摺->揩【元】|摺->揩【元】

寛永版本

あがころも,[寛]わかきぬを,
すれるにはあらず,[寛]すれるにはあらす,
たかまつの,[寛]たかまとの,
のへゆきしかば,[寛]のへゆきしかは,
はぎのすれるぞ,[寛]はきのすれるそ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました