万葉集2250番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2250番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2250番について

歌番号

2250番

原文

春霞|多奈引田居尓|廬付而|秋田苅左右|令思良久

訓読

春霞たなびく田居に廬つきて秋田刈るまで思はしむらく

かな読み

はるかすみ|たなびくたゐに|いほつきて|あきたかるまで|おもはしむらく

カタカナ読み

ハルカスミ|タナビクタヰニ|イホツキテ|アキタカルマデ|オモハシムラク

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|TANABIKUTAINI|IHOTSUKITE|AKITAKARUMADE|OMOHASHIMURAKU

ローマ字読み|小文字

harukasumi|tanabikutaini|ihotsukite|akitakarumade|omohashimuraku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
たなびくたゐに,[寛]たなひくたゐに,
いほつきて,[寛]いほりして,
あきたかるまで,[寛]あきたかるまて,
おもはしむらく[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました