万葉集2230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2230番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2230番について

歌番号

2230番

原文

戀乍裳|稲葉掻別|家居者|乏不有|秋之暮風

訓読

恋ひつつも稲葉かき別け家居れば乏しくもあらず秋の夕風

かな読み

こひつつも|いなばかきわけ|いへをれば|ともしくもあらず|あきのゆふかぜ

カタカナ読み

コヒツツモ|イナバカキワケ|イヘヲレバ|トモシクモアラズ|アキノユフカゼ

ローマ字読み|大文字

KOHITSUTSUMO|INABAKAKIWAKE|IHEOREBA|TOMOSHIKUMOARAZU|AKINOYUFUKAZE

ローマ字読み|小文字

kohitsutsumo|inabakakiwake|iheoreba|tomoshikumoarazu|akinoyufukaze

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節

校異

特に無し

寛永版本

こひつつも[寛],
いなばかきわけ,[寛]いなはかきわけ,
いへをれば,[寛]いへゐせは,
ともしくもあらず,[寛]ともしくもあらし,
あきのゆふかぜ,[寛]あきのゆふかせ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました