万葉集2335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2335番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2335番について

歌番号

2335番

原文

咲出照|梅之下枝<尓>|置露之|可消於妹|戀頃者

訓読

咲き出照る梅の下枝に置く露の消ぬべく妹に恋ふるこのころ

かな読み

さきでてる|うめのしづえに|おくつゆの|けぬべくいもに|こふるこのころ

カタカナ読み

サキデテル|ウメノシヅエニ|オクツユノ|ケヌベクイモニ|コフルコノコロ

ローマ字読み|大文字

SAKIDETERU|UMENOSHIZUENI|OKUTSUYUNO|KENUBEKUIMONI|KOFURUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

sakideteru|umenoshizueni|okutsuyuno|kenubekuimoni|kofurukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|植物|恋情

校異

->尓【元】【類】【紀】

寛永版本

さきでてる,[寛]さきいてたる,
うめのしづえに,[寛]うめのしつえに,
おくつゆの[寛],
けぬべくいもに,[寛]けぬへくいもに,
こふるこのころ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました