万葉集2039番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2039番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2039番について

歌番号

2039番

原文

戀家口|氣長物乎|可合有|夕谷君之|不来益有良武

訓読

恋しけく日長きものを逢ふべくある宵だに君が来まさずあるらむ

かな読み

こひしけく|けながきものを|あふべくある|よひだにきみが|きまさずあるらむ

カタカナ読み

コヒシケク|ケナガキモノヲ|アフベクアル|ヨヒダニキミガ|キマサズアルラム

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKEKU|KENAGAKIMONO|AFUBEKUARU|YOHIDANIKIMIGA|KIMASAZUARURAMU

ローマ字読み|小文字

kohishikeku|kenagakimono|afubekuaru|yohidanikimiga|kimasazuaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

武【元】【類】【紀】(塙)牟

寛永版本

こひしけく[寛],
けながきものを,[寛]けなかきものを,
あふべくある,[寛]あふへくある,
よひだにきみが,[寛]よにたにきみか,
きまさずあるらむ,[寛]きまささるらむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました