万葉集2337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2337番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2337番について

歌番号

2337番

原文

小竹葉尓|薄太礼零覆|消名羽鴨|将忘云者|益所念

訓読

笹の葉にはだれ降り覆ひ消なばかも忘れむと言へばまして思ほゆ

かな読み

ささのはに|はだれふりおほひ|けなばかも|わすれむといへば|ましておもほゆ

カタカナ読み

ササノハニ|ハダレフリオホヒ|ケナバカモ|ワスレムトイヘバ|マシテオモホユ

ローマ字読み|大文字

SASANOHANI|HADAREFURIOHOHI|KENABAKAMO|WASUREMUTOIHEBA|MASHITEOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

sasanohani|hadarefuriohohi|kenabakamo|wasuremutoiheba|mashiteomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ささのはに[寛],
はだれふりおほひ,[寛]はたれふりををひ,
けなばかも,[寛]けなはかも,
わすれむといへば,[寛]わぬれむといへは,
ましておもほゆ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました