万葉集2097番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2097番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2097番について

歌番号

2097番

原文

鴈鳴之|来喧牟日及|見乍将有|此芽子原尓|雨勿零根

訓読

雁がねの来鳴かむ日まで見つつあらむこの萩原に雨な降りそね

かな読み

かりがねの|きなかむひまで|みつつあらむ|このはぎはらに|あめなふりそね

カタカナ読み

カリガネノ|キナカムヒマデ|ミツツアラム|コノハギハラニ|アメナフリソネ

ローマ字読み|大文字

KARIGANENO|KINAKAMUHIMADE|MITSUTSUARAMU|KONOHAGIHARANI|AMENAFURISONE

ローマ字読み|小文字

kariganeno|kinakamuhimade|mitsutsuaramu|konohagiharani|amenafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

かりがねの,[寛]かりかねの,
きなかむひまで,[寛]きなかむひまて,
みつつあらむ[寛],
このはぎはらに,[寛]このはきはらに,
あめなふりそね[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました