万葉集2027番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2027番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2027番について

歌番号

2027番

原文

為我登|織女之|其屋戸尓|織白布|織弖兼鴨

訓読

我がためと織女のそのやどに織る白栲は織りてけむかも

かな読み

あがためと|たなばたつめの|そのやどに|おるしろたへは|おりてけむかも

カタカナ読み

アガタメト|タナバタツメノ|ソノヤドニ|オルシロタヘハ|オリテケムカモ

ローマ字読み|大文字

AGATAMETO|TANABATATSUMENO|SONOYADONI|ORUSHIROTAHEHA|ORITEKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

agatameto|tanabatatsumeno|sonoyadoni|orushirotaheha|oritekemukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あがためと,[寛]わかためと,
たなばたつめの,[寛]たなはたつめの,
そのやどに,[寛]そのやとに,
おるしろたへは,[寛]をるしらぬのは,
おりてけむかも,[寛]をりてけむかも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました