万葉集1822番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1822番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1822番について

歌番号

1822番

原文

吾瀬子乎|莫越山能|喚子鳥|君喚變瀬|夜之不深刀尓

訓読

我が背子を莫越の山の呼子鳥君呼び返せ夜の更けぬとに

かな読み

わがせこを|なこしのやまの|よぶこどり|きみよびかへせ|よのふけぬとに

カタカナ読み

ワガセコヲ|ナコシノヤマノ|ヨブコドリ|キミヨビカヘセ|ヨノフケヌトニ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|NAKOSHINOYAMANO|YOBUKODORI|KIMIYOBIKAHESE|YONOFUKENUTONI

ローマ字読み|小文字

wagaseko|nakoshinoyamano|yobukodori|kimiyobikahese|yonofukenutoni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|地名|動物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
なこしのやまの[寛],
よぶこどり,[寛]よふことり,
きみよびかへせ,[寛]きみよひかへせ,
よのふけぬとに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました