万葉集1843番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1843番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1843番について

歌番号

1843番

原文

昨日社|年者極之賀|春霞|春日山尓|速立尓来

訓読

昨日こそ年は果てしか春霞春日の山に早立ちにけり

かな読み

きのふこそ|としははてしか|はるかすみ|かすがのやまに|はやたちにけり

カタカナ読み

キノフコソ|トシハハテシカ|ハルカスミ|カスガノヤマニ|ハヤタチニケリ

ローマ字読み|大文字

KINOFUKOSO|TOSHIHAHATESHIKA|HARUKASUMI|KASUGANOYAMANI|HAYATACHINIKERI

ローマ字読み|小文字

kinofukoso|toshihahateshika|harukasumi|kasuganoyamani|hayatachinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

きのふこそ[寛],
としははてしか,[寛]としはくれしか,
はるかすみ[寛],
かすがのやまに,[寛]かすかのやまに,
はやたちにけり[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました