万葉集2270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2270番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2270番について

歌番号

2270番

原文

道邊之|乎花我下之|思草|今更尓|何物可将念

訓読

道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ

かな読み

みちのへの|をばながしたの|おもひぐさ|いまさらさらに|なにをかおもはむ

カタカナ読み

ミチノヘノ|ヲバナガシタノ|オモヒグサ|イマサラサラニ|ナニヲカオモハム

ローマ字読み|大文字

MICHINOHENO|OBANAGASHITANO|OMOHIGUSA|IMASARASARANI|NANIOKAOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

michinoheno|obanagashitano|omohigusa|imasarasarani|naniokaomohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

みちのへの[寛],
をばながしたの,[寛]をはなかしたの,
おもひぐさ,[寛]おもひくさ,
いまさらさらに,[寛]いまさらなにの,
なにをかおもはむ,[寛]ものかおもはむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました