万葉集2143番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2143番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2143番について

歌番号

2143番

原文

於君戀|裏觸居者|敷野之|秋芽子凌|左<小壮>鹿鳴裳

訓読

君に恋ひうらぶれ居れば敷の野の秋萩しのぎさを鹿鳴くも

かな読み

きみにこひ|うらぶれをれば|しきののの|あきはぎしのぎ|さをしかなくも

カタカナ読み

キミニコヒ|ウラブレヲレバ|シキノノノ|アキハギシノギ|サヲシカナクモ

ローマ字読み|大文字

KIMINIKOHI|URABUREOREBA|SHIKINONONO|AKIHAGISHINOGI|SAOSHIKANAKUMO

ローマ字読み|小文字

kiminikohi|urabureoreba|shikinonono|akihagishinogi|saoshikanakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物|恋情|地名

校異

牡->小壮【元】

寛永版本

きみにこひ[寛],
うらぶれをれば,[寛]うらふれをれは,
しきののの[寛],
あきはぎしのぎ,[寛]あきはきしのき,
さをしかなくも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました