万葉集1813番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1813番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1813番について

歌番号

1813番

原文

巻向之|桧原丹立流|春霞|欝之思者|名積米八方

訓読

巻向の桧原に立てる春霞おほにし思はばなづみ来めやも

かな読み

まきむくの|ひはらにたてる|はるかすみ|おほにしおもはば|なづみこめやも

カタカナ読み

マキムクノ|ヒハラニタテル|ハルカスミ|オホニシオモハバ|ナヅミコメヤモ

ローマ字読み|大文字

MAKIMUKUNO|HIHARANITATERU|HARUKASUMI|OHONISHIOMOHABA|NAZUMIKOMEYAMO

ローマ字読み|小文字

makimukuno|hiharanitateru|harukasumi|ohonishiomohaba|nazumikomeyamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春雑歌|非略体|桜井|奈良|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

まきむくの,[寛]まきもくの,
ひはらにたてる[寛],
はるかすみ[寛],
おほにしおもはば,[寛]くれしおもひは,
なづみこめやも,[寛]なつみけめやも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました