万葉集1996番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1996番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1996番について

歌番号

1996番

原文

天漢|水左閇而照|舟竟|舟人|妹等所見寸哉

訓読

天の川水さへに照る舟泊てて舟なる人は妹と見えきや

かな読み

あまのがは|みづさへにてる|ふねはてて|ふねなるひとは|いもとみえきや

カタカナ読み

アマノガハ|ミヅサヘニテル|フネハテテ|フネナルヒトハ|イモトミエキヤ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|MIZUSAHENITERU|FUNEHATETE|FUNENARUHITOHA|IMOTOMIEKIYA

ローマ字読み|小文字

amanogaha|mizusaheniteru|funehatete|funenaruhitoha|imotomiekiya

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

歌【西】謌

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
みづさへにてる,[寛]みつさへにてる,
ふねはてて,[寛]ふなわたり,
ふねなるひとは,[寛]ふねこくひとに,
いもとみえきや,[寛]いもとみえすや,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました