万葉集2099番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2099番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2099番について

歌番号

2099番

原文

白露乃|置巻惜|秋芽子乎|折耳折而|置哉枯

訓読

白露の置かまく惜しみ秋萩を折りのみ折りて置きや枯らさむ

かな読み

しらつゆの|おかまくをしみ|あきはぎを|をりのみをりて|おきやからさむ

カタカナ読み

シラツユノ|オカマクヲシミ|アキハギヲ|ヲリノミヲリテ|オキヤカラサム

ローマ字読み|大文字

SHIRATSUYUNO|OKAMAKUOSHIMI|AKIHAGIO|ORINOMIORITE|OKIYAKARASAMU

ローマ字読み|小文字

shiratsuyuno|okamakuoshimi|akihagio|orinomiorite|okiyakarasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

しらつゆの[寛],
おかまくをしみ[寛],
あきはぎを,[寛]あきはきを,
をりのみをりて[寛],
おきやからさむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました