万葉集2290番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2290番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2290番について

歌番号

2290番

原文

秋芽子乎|落過沼蛇|手折持|雖見不怜|君西不有者

訓読

秋萩を散り過ぎぬべみ手折り持ち見れども寂し君にしあらねば

かな読み

あきはぎを|ちりすぎぬべみ|たをりもち|みれどもさぶし|きみにしあらねば

カタカナ読み

アキハギヲ|チリスギヌベミ|タヲリモチ|ミレドモサブシ|キミニシアラネバ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGIO|CHIRISUGINUBEMI|TAORIMOCHI|MIREDOMOSABUSHI|KIMINISHIARANEBA

ローマ字読み|小文字

akihagio|chirisuginubemi|taorimochi|miredomosabushi|kiminishiaraneba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎを,[寛]あきはきを,
ちりすぎぬべみ,[寛]ちりすきぬへみ,
たをりもち,[寛]たをりもて,
みれどもさぶし,[寛]みれともさひし,
きみにしあらねば,[寛]きみにしあらねは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました