万葉集1810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1810番について

歌番号

1810番

原文

葦屋之|宇奈比處女之|奥槨乎|徃来跡見者|哭耳之所泣

訓読

芦屋の菟原娘子の奥城を行き来と見れば哭のみし泣かゆ

かな読み

あしのやの|うなひをとめの|おくつきを|ゆきくとみれば|ねのみしなかゆ

カタカナ読み

アシノヤノ|ウナヒヲトメノ|オクツキヲ|ユキクトミレバ|ネノミシナカユ

ローマ字読み|大文字

ASHINOYANO|UNAHIOTOMENO|OKUTSUKIO|YUKIKUTOMIREBA|NENOMISHINAKAYU

ローマ字読み|小文字

ashinoyano|unahiotomeno|okutsukio|yukikutomireba|nenomishinakayu

左注|左註

右五首高橋連蟲麻呂之歌集中出

事項|分類・ジャンル

挽歌|芦屋|兵庫|尫渧媿娘子|伝説|妻争媿|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あしのやの[寛],
うなひをとめの,[寛]うなひをとめか,
おくつきを,[寛]おきつきを,
ゆきくとみれば,[寛]ゆきくとみては,
ねのみしなかゆ,[寛]ねのみしなかる,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました