万葉集1727番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1727番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1727番について

歌番号

1727番

原文

朝入為流|人跡乎見座|草枕|客去人尓|妾<名>者不<教>

訓読

あさりする人とを見ませ草枕旅行く人に我が名は告らじ

かな読み

あさりする|ひととをみませ|くさまくら|たびゆくひとに|わがなはのらじ

カタカナ読み

アサリスル|ヒトトヲミマセ|クサマクラ|タビユクヒトニ|ワガナハノラジ

ローマ字読み|大文字

ASARISURU|HITOTOMIMASE|KUSAMAKURA|TABIYUKUHITONI|WAGANAHANORAJI

ローマ字読み|小文字

asarisuru|hitotomimase|kusamakura|tabiyukuhitoni|waganahanoraji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|和歌|答譙|羈旅|大阪|妻問媿

校異

歌【西】謌|->名【万葉集新考】|敷->教【万葉集略解】

寛永版本

あさりする[寛],
ひととをみませ[寛],
くさまくら[寛],
たびゆくひとに,[寛]たひゆくひとな,
わがなはのらじ,[寛]つまにはしかし,

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました