万葉集1791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1791番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1791番について

歌番号

1791番

原文

客人之|宿将為野尓|霜降者|吾子羽褁|天乃鶴群

訓読

旅人の宿りせむ野に霜降らば我が子羽ぐくめ天の鶴群

かな読み

たびひとの|やどりせむのに|しもふらば|あがこはぐくめ|あめのたづむら

カタカナ読み

タビヒトノ|ヤドリセムノニ|シモフラバ|アガコハグクメ|アメノタヅムラ

ローマ字読み|大文字

TABIHITONO|YADORISEMUNONI|SHIMOFURABA|AGAKOHAGUKUME|AMENOTAZUMURA

ローマ字読み|小文字

tabihitono|yadorisemunoni|shimofuraba|agakohagukume|amenotazumura

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|母親|愛情|送別|羈旅|餞別|安全|天平5年年紀|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たびひとの,[寛]たひひとの,
やどりせむのに,[寛]やとりせむのに,
しもふらば,[寛]しもふらは,
あがこはぐくめ,[寛]わかこはくくめ,
あめのたづむら,[寛]あまのつるむら,

巻数

第9巻

作者

遣唐使母

タイトルとURLをコピーしました