万葉集1720番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1720番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1720番について

歌番号

1720番

原文

馬屯而|打集越来|今日見鶴|芳野之川乎|何時将顧

訓読

馬並めてうち群れ越え来今日見つる吉野の川をいつかへり見む

かな読み

うまなめて|うちむれこえき|けふみつる|よしののかはを|いつかへりみむ

カタカナ読み

ウマナメテ|ウチムレコエキ|ケフミツル|ヨシノノカハヲ|イツカヘリミム

ローマ字読み|大文字

UMANAMETE|UCHIMUREKOEKI|KEFUMITSURU|YOSHINONOKAHAO|ITSUKAHERIMIMU

ローマ字読み|小文字

umanamete|uchimurekoeki|kefumitsuru|yoshinonokahao|itsukaherimimu

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|羈旅|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|今日【壬】【類】(塙)今

寛永版本

うまなめて,[寛]うまなへて,
うちむれこえき[寛],
けふみつる,[寛]いふみつる,
よしののかはを[寛],
いつかへりみむ[寛],

巻数

第9巻

作者

元仁

タイトルとURLをコピーしました