万葉集1775番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1775番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1775番について

歌番号

1775番

原文

泊瀬河|夕渡来而|我妹兒何|家門|近舂二家里

訓読

泊瀬川夕渡り来て我妹子が家の金門に近づきにけり

かな読み

はつせがは|ゆふわたりきて|わぎもこが|いへのかなとに|ちかづきにけり

カタカナ読み

ハツセガハ|ユフワタリキテ|ワギモコガ|イヘノカナトニ|チカヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

HATSUSEGAHA|YUFUWATARIKITE|WAGIMOKOGA|IHENOKANATONI|CHIKAZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

hatsusegaha|yufuwatarikite|wagimokoga|ihenokanatoni|chikazukinikeri

左注|左註

右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

相聞|舎人皇子|献呈歌|恋情|奈良|川渡り|非略体|地名

校異

特に無し

寛永版本

はつせがは,[寛]はつせかは,
ゆふわたりきて[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
いへのかなとに,[寛]いへのみかとは,
ちかづきにけり,[寛]ちかつきにけり,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました