万葉集1690番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1690番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1690番について

歌番号

1690番

原文

高嶋之|阿渡川波者|驟鞆|吾者家思|宿加奈之弥

訓読

高島の阿渡川波は騒けども我れは家思ふ宿り悲しみ

かな読み

たかしまの|あどかはなみは|さわけども|われはいへおもふ|やどりかなしみ

カタカナ読み

タカシマノ|アドカハナミハ|サワケドモ|ワレハイヘオモフ|ヤドリカナシミ

ローマ字読み|大文字

TAKASHIMANO|ADOKAHANAMIHA|SAWAKEDOMO|WAREHAIHEOMOFU|YADORIKANASHIMI

ローマ字読み|小文字

takashimano|adokahanamiha|sawakedomo|warehaiheomofu|yadorikanashimi

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|羈旅|非略体|望郷|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たかしまの[寛],
あどかはなみは,[寛]あとかはなみは,
さわけども,[寛]さわけとも,
われはいへおもふ[寛],
やどりかなしみ,[寛]たひねかなしみ,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました