万葉集1773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1773番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1773番について

歌番号

1773番

原文

神南備|神依<板>尓|為杉乃|念母不過|戀之茂尓

訓読

神なびの神寄せ板にする杉の思ひも過ぎず恋の繁きに

かな読み

かむなびの|かみよせいたに|するすぎの|おもひもすぎず|こひのしげきに

カタカナ読み

カムナビノ|カミヨセイタニ|スルスギノ|オモヒモスギズ|コヒノシゲキニ

ローマ字読み|大文字

KAMUNABINO|KAMIYOSEITANI|SURUSUGINO|OMOHIMOSUGIZU|KOHINOSHIGEKINI

ローマ字読み|小文字

kamunabino|kamiyoseitani|surusugino|omohimosugizu|kohinoshigekini

左注|左註

右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

相聞|献呈歌|弓削皇子|恋情|非略体|植物|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|杉->板【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

かむなびの,[寛]かみなひの,
かみよせいたに,[寛]かみよりいたに,
するすぎの,[寛]するすきの,
おもひもすぎず,[寛]おもひもすきす,
こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました