万葉集1766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1766番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1766番について

歌番号

1766番

原文

吾妹兒者|久志呂尓有奈武|左手乃|吾奥手<二>|纒而去麻師乎

訓読

我妹子は釧にあらなむ左手の我が奥の手に巻きて去なましを

かな読み

わぎもこは|くしろにあらなむ|ひだりての|わがおくのてに|まきていなましを

カタカナ読み

ワギモコハ|クシロニアラナム|ヒダリテノ|ワガオクノテニ|マキテイナマシヲ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOHA|KUSHIRONIARANAMU|HIDARITENO|WAGAOKUNOTENI|MAKITEINAMASHIO

ローマ字読み|小文字

wagimokoha|kushironiaranamu|hidariteno|wagaokunoteni|makiteinamashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|福岡|餞別|離別

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|尓->二【元】【藍】【類】【紀】

寛永版本

わぎもこは,[寛]わきもこは,
くしろにあらなむ[寛],
ひだりての,[寛]ひたりての,
わがおくのてに,[寛]わかおくのてに,
まきていなましを[寛],

巻数

第9巻

作者

振田向

タイトルとURLをコピーしました