万葉集1689番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1689番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1689番について

歌番号

1689番

原文

在衣邊|著而榜尼|杏人|濱過者|戀布在奈利

訓読

あり衣辺につきて漕がさね杏人の浜を過ぐれば恋しくありなり

かな読み

ありそへに|つきてこがさね|からひとの|はまをすぐれば|こほしくありなり

カタカナ読み

アリソヘニ|ツキテコガサネ|カラヒトノ|ハマヲスグレバ|コホシクアリナリ

ローマ字読み|大文字

ARISOHENI|TSUKITEKOGASANE|KARAHITONO|HAMAOSUGUREBA|KOHOSHIKUARINARI

ローマ字読み|小文字

arisoheni|tsukitekogasane|karahitono|hamaosugureba|kohoshikuarinari

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|非略体|地名|望郷

校異

特に無し

寛永版本

ありそへに[寛],
つきてこがさね,[寛]つきてこくあま,
からひとの[寛],
はまをすぐれば,[寛]はまをすくれは,
こほしくありなり,[寛]こひしくあるなり,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました