万葉集1797番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1797番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1797番について

歌番号

1797番

原文

塩氣立|荒礒丹者雖在|徃水之|過去妹之|方見等曽来

訓読

潮気立つ荒礒にはあれど行く水の過ぎにし妹が形見とぞ来し

かな読み

しほけたつ|ありそにはあれど|ゆくみづの|すぎにしいもが|かたみとぞこし

カタカナ読み

シホケタツ|アリソニハアレド|ユクミヅノ|スギニシイモガ|カタミトゾコシ

ローマ字読み|大文字

SHIHOKETATSU|ARISONIHAAREDO|YUKUMIZUNO|SUGINISHIIMOGA|KATAMITOZOKOSHI

ローマ字読み|小文字

shihoketatsu|arisonihaaredo|yukumizuno|suginishiimoga|katamitozokoshi

左注|左註

右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|紀伊|和歌山|行幸|悲嘆|亡妻|非略体|地名

校異

特に無し

寛永版本

しほけたつ[寛],
ありそにはあれど,[寛]あらそにはあと,
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
すぎにしいもが,[寛]すきゆくいもか,
かたみとぞこし,[寛]かたみとそくる,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました