万葉集1767番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1767番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1767番について

歌番号

1767番

原文

豊國乃|加波流波吾宅|紐兒尓|伊都我里座者|革流波吾家

訓読

豊国の香春は我家紐児にいつがり居れば香春は我家

かな読み

とよくにの|かはるはわぎへ|ひものこに|いつがりをれば|かはるはわぎへ

カタカナ読み

トヨクニノ|カハルハワギヘ|ヒモノコニ|イツガリヲレバ|カハルハワギヘ

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KAHARUHAWAGIHE|HIMONOKONI|ITSUGARIOREBA|KAHARUHAWAGIHE

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kaharuhawagihe|himonokoni|itsugarioreba|kaharuhawagihe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|豊前國娘子紐兒|福岡|恋愛|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

とよくにの[寛],
かはるはわぎへ,[寛]かはるはわきへ,
ひものこに[寛],
いつがりをれば,[寛]いつかりませは,
かはるはわぎへ,[寛]かはるはわきへ,

巻数

第9巻

作者

抜氣大首

タイトルとURLをコピーしました