万葉集1722番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1722番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1722番について

歌番号

1722番

原文

吉野川|河浪高見|多寸能浦乎|不視歟成嘗|戀布<真>國

訓読

吉野川川波高み滝の浦を見ずかなりなむ恋しけまくに

かな読み

よしのがは|かはなみたかみ|たきのうらを|みずかなりなむ|こほしけまくに

カタカナ読み

ヨシノガハ|カハナミタカミ|タキノウラヲ|ミズカナリナム|コホシケマクニ

ローマ字読み|大文字

YOSHINOGAHA|KAHANAMITAKAMI|TAKINORAO|MIZUKANARINAMU|KOHOSHIKEMAKUNI

ローマ字読み|小文字

yoshinogaha|kahanamitakami|takinorao|mizukanarinamu|kohoshikemakuni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|羈旅|土地讃美|非略体|地名

校異

莫->真【壬】【類】【古】

寛永版本

よしのがは,[寛]よしのかは,
かはなみたかみ[寛],
たきのうらを[寛],
みずかなりなむ,[寛]みすかなりなむ,
こほしけまくに,[寛]こひしきまくに,

巻数

第9巻

作者

元仁

タイトルとURLをコピーしました