万葉集1748番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1748番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1748番について

歌番号

1748番

原文

吾去者|七日<者>不過|龍田彦|勤此花乎|風尓莫落

訓読

我が行きは七日は過ぎじ龍田彦ゆめこの花を風にな散らし

かな読み

わがゆきは|なぬかはすぎじ|たつたひこ|ゆめこのはなを|かぜになちらし

カタカナ読み

ワガユキハ|ナヌカハスギジ|タツタヒコ|ユメコノハナヲ|カゼニナチラシ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUKIHA|NANUKAHASUGIJI|TATSUTAHIKO|YUMEKONOHANAO|KAZENINACHIRASHI

ローマ字読み|小文字

wagayukiha|nanukahasugiji|tatsutahiko|yumekonohanao|kazeninachirashi

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|餞別|天平6年3月年紀|難波|大阪|風神|鎮花|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->者【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

わがゆきは,[寛]わかゆきは,
なぬかはすぎじ,[寛]なぬかはすきし,
たつたひこ[寛],
ゆめこのはなを[寛],
かぜになちらし,[寛]かせにちらすな,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました