万葉集1735番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1735番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1735番について

歌番号

1735番

原文

吾疊|三重乃河原之|礒裏尓|如是鴨跡|鳴河蝦可物

訓読

我が畳三重の川原の礒の裏にかくしもがもと鳴くかはづかも

かな読み

わがたたみ|みへのかはらの|いそのうらに|かくしもがもと|なくかはづかも

カタカナ読み

ワガタタミ|ミヘノカハラノ|イソノウラニ|カクシモガモト|ナクカハヅカモ

ローマ字読み|大文字

WAGATATAMI|MIHENOKAHARANO|ISONORANI|KAKUSHIMOGAMOTO|NAKUKAHAZUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagatatami|mihenokaharano|isonorani|kakushimogamoto|nakukahazukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三重県|内部川|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがたたみ,[寛]わかたたみ,
みへのかはらの[寛],
いそのうらに[寛],
かくしもがもと,[寛]かはかりかもと,
なくかはづかも,[寛]なくかはつかも,

巻数

第9巻

作者

伊保麻呂

タイトルとURLをコピーしました