万葉集1679番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1679番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1679番について

歌番号

1679番

原文

城國尓|不止将徃来|妻社|妻依来西尼|妻常言長柄|[一云|嬬賜尓毛|嬬云長<良>]

訓読

紀の国にやまず通はむ妻の杜妻寄しこせね妻といひながら|[一云|妻賜はにも妻といひながら]

かな読み

きのくにに|やまずかよはむ|つまのもり|つまよしこせね|つまといひながら|[つまたまはにも|つまといひながら]

カタカナ読み

キノクニニ|ヤマズカヨハム|ツマノモリ|ツマヨシコセネ|ツマトイヒナガラ|[ツマタマハニモ|ツマトイヒナガラ]

ローマ字読み|大文字

KINOKUNINI|YAMAZUKAYOHAMU|TSUMANOMORI|TSUMAYOSHIKOSENE|TSUMATOIHINAGARA|[TSUMATAMAHANIMO|TSUMATOIHINAGARA]

ローマ字読み|小文字

kinokunini|yamazukayohamu|tsumanomori|tsumayoshikosene|tsumatoihinagara|[tsumatamahanimo|tsumatoihinagara]

左注|左註

右一首或云坂上忌寸人長作

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|大宝1年10月年紀

校異

良->柄【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

きのくにに[寛],
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,
つまのもり,[寛]つまもこそ,
つまよしこせね,[寛]つまよりこさね,
つまといひながら,[寛]つまといひなから,
[つまたまはにも,[寛]つまたまのにも,
つまといひながら],[寛]つまといひなから,

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました