万葉集1706番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1706番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1706番について

歌番号

1706番

原文

黒玉|夜霧立|衣手|高屋於|霏d麻天尓

訓読

ぬばたまの夜霧は立ちぬ衣手の高屋の上にたなびくまでに

かな読み

ぬばたまの|よぎりはたちぬ|ころもでの|たかやのうへに|たなびくまでに

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨギリハタチヌ|コロモデノ|タカヤノウヘニ|タナビクマデニ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOGIRIHATACHINU|KOROMODENO|TAKAYANOHENI|TANABIKUMADENI

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yogirihatachinu|koromodeno|takayanoheni|tanabikumadeni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|舎人皇子|桜井|飛鳥|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よぎりはたちぬ,[寛]よきりはたちぬ,
ころもでの,[寛]ころもての,
たかやのうへに[寛],
たなびくまでに,[寛]たなひくまてに,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました