万葉集1774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1774番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1774番について

歌番号

1774番

原文

垂乳根乃|母之命乃|言尓有者|年緒長|憑過武也

訓読

たらちねの母の命の言にあらば年の緒長く頼め過ぎむや

かな読み

たらちねの|ははのみことの|ことにあらば|としのをながく|たのめすぎむや

カタカナ読み

タラチネノ|ハハノミコトノ|コトニアラバ|トシノヲナガク|タノメスギムヤ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHANOMIKOTONO|KOTONIARABA|TOSHINONAGAKU|TANOMESUGIMUYA

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahanomikotono|kotoniaraba|toshinonagaku|tanomesugimuya

左注|左註

右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

相聞|舎人皇子|献呈歌|恋情|女歌|非略体|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たらちねの[寛],
ははのみことの[寛],
ことにあらば,[寛]ことにあらは,
としのをながく,[寛]としのをなかく,
たのめすぎむや,[寛]たのみすきむや,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました