万葉集1765番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1765番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1765番について

歌番号

1765番

原文

天漢|霧立渡|且今日<々々々>|吾待君之|船出為等霜

訓読

天の川霧立ちわたる今日今日と我が待つ君し舟出すらしも

かな読み

あまのがは|きりたちわたる|けふけふと|わがまつきみし|ふなですらしも

カタカナ読み

アマノガハ|キリタチワタル|ケフケフト|ワガマツキミシ|フナデスラシモ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|KIRITACHIWATARU|KEFUKEFUTO|WAGAMATSUKIMISHI|FUNADESURASHIMO

ローマ字読み|小文字

amanogaha|kiritachiwataru|kefukefuto|wagamatsukimishi|funadesurashimo

左注|左註

右件歌或云中衛大将藤原北卿宅作也

事項|分類・ジャンル

雑歌|七夕|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|且今日->々々々【元】【藍】|歌【西】謌

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
きりたちわたる,[寛]きりたちわたり,
けふけふと[寛],
わがまつきみし,[寛]わかまつきみか,
ふなですらしも,[寛]ふなてすらしも,

巻数

第9巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました