万葉集1746番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1746番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1746番について

歌番号

1746番

原文

遠妻四|高尓有世婆|不知十方|手綱乃濱能|尋来名益

訓読

遠妻し多賀にありせば知らずとも手綱の浜の尋ね来なまし

かな読み

とほづまし|たかにありせば|しらずとも|たづなのはまの|たづねきなまし

カタカナ読み

トホヅマシ|タカニアリセバ|シラズトモ|タヅナノハマノ|タヅネキナマシ

ローマ字読み|大文字

TOHOZUMASHI|TAKANIARISEBA|SHIRAZUTOMO|TAZUNANOHAMANO|TAZUNEKINAMASHI

ローマ字読み|小文字

tohozumashi|takaniariseba|shirazutomo|tazunanohamano|tazunekinamashi

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|茨城県|望郷|土地讃美|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

とほづまし,[寛]とほつまし,
たかにありせば,[寛]たかにありせは,
しらずとも,[寛]しらすとも,
たづなのはまの,[寛]たつなのはまの,
たづねきなまし,[寛]たつねきなまし,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました