万葉集1747番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1747番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1747番について

歌番号

1747番

原文

白雲之|龍田山之|瀧上之|小鞍嶺尓|開乎為流|櫻花者|山高|風之不息者|春雨之|継而零者|最末枝者|落過去祁利|下枝尓|遺有花者|須臾者|落莫乱|草枕|客去君之|及還来

訓読

白雲の|龍田の山の|瀧の上の|小椋の嶺に|咲きををる|桜の花は|山高み|風しやまねば|春雨の|継ぎてし降れば|ほつ枝は|散り過ぎにけり|下枝に|残れる花は|しましくは|散りな乱ひそ|草枕|旅行く君が|帰り来るまで

かな読み

しらくもの|たつたのやまの|たきのうへの|をぐらのみねに|さきををる|さくらのはなは|やまたかみ|かぜしやまねば|はるさめの|つぎてしふれば|ほつえは|ちりすぎにけり|しづえに|のこれるはなは|しましくは|ちりなまがひそ|くさまくら|たびゆくきみが|かへりくるまで

カタカナ読み

シラクモノ|タツタノヤマノ|タキノウヘノ|ヲグラノミネニ|サキヲヲル|サクラノハナハ|ヤマタカミ|カゼシヤマネバ|ハルサメノ|ツギテシフレバ|ホツエハ|チリスギニケリ|シヅエニ|ノコレルハナハ|シマシクハ|チリナマガヒソ|クサマクラ|タビユクキミガ|カヘリクルマデ

ローマ字読み|大文字

SHIRAKUMONO|TATSUTANOYAMANO|TAKINOHENO|OGURANOMINENI|SAKIORU|SAKURANOHANAHA|YAMATAKAMI|KAZESHIYAMANEBA|HARUSAMENO|TSUGITESHIFUREBA|HOTSUEHA|CHIRISUGINIKERI|SHIZUENI|NOKORERUHANAHA|SHIMASHIKUHA|CHIRINAMAGAHISO|KUSAMAKURA|TABIYUKUKIMIGA|KAHERIKURUMADE

ローマ字読み|小文字

shirakumono|tatsutanoyamano|takinoheno|oguranomineni|sakioru|sakuranohanaha|yamatakami|kazeshiyamaneba|harusameno|tsugiteshifureba|hotsueha|chirisuginikeri|shizueni|nokoreruhanaha|shimashikuha|chirinamagahiso|kusamakura|tabiyukukimiga|kaherikurumade

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|餞別|天平6年3月年紀|難波|大阪|地名|枕詞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短哥【西(訂正)】短歌

寛永版本

しらくもの[寛],
たつたのやまの[寛],
たきのうへの[寛],
をぐらのみねに,[寛]をくらのみねに,
さきををる,[寛]さきをせる,
さくらのはなは[寛],
やまたかみ[寛],
かぜしやまねば,[寛]かせしやまねは,
はるさめの[寛],
つぎてしふれば,[寛]つきてしふれは,
ほつえは[寛],
ちりすぎにけり,[寛]ちりすきにけり,
しづえに,[寛]したつえに,
のこれるはなは[寛],
しましくは,[寛]しはらくは,
ちりなまがひそ,[寛]ちりなみたれそ,
くさまくら[寛],
たびゆくきみが,[寛]たひゆくきみか,
かへりくるまで,[寛]かへりくるまて,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました