万葉集1739番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1739番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1739番について

歌番号

1739番

原文

金門尓之|人乃来立者|夜中母|身者田菜不知|出曽相来

訓読

金門にし人の来立てば夜中にも身はたな知らず出でてぞ逢ひける

かな読み

かなとにし|ひとのきたてば|よなかにも|みはたなしらず|いでてぞあひける

カタカナ読み

カナトニシ|ヒトノキタテバ|ヨナカニモ|ミハタナシラズ|イデテゾアヒケル

ローマ字読み|大文字

KANATONISHI|HITONOKITATEBA|YONAKANIMO|MIHATANASHIRAZU|IDETEZOAHIKERU

ローマ字読み|小文字

kanatonishi|hitonokitateba|yonakanimo|mihatanashirazu|idetezoahikeru

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|千葉|美女伝説|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かなとにし[寛],
ひとのきたてば,[寛]ひとのきたては,
よなかにも[寛],
みはたなしらず,[寛]みはたなしすら,
いでてぞあひける,[寛]いてそあひける,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました