万葉集1764番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1764番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1764番について

歌番号

1764番

原文

久堅乃|天漢尓|上瀬尓|珠橋渡之|下湍尓|船浮居|雨零而|風不吹登毛|風吹而|雨不落等物|裳不令濕|不息来益常|<玉>橋渡須

訓読

久方の|天の川に|上つ瀬に|玉橋渡し|下つ瀬に|舟浮け据ゑ|雨降りて|風吹かずとも|風吹きて|雨降らずとも|裳濡らさず|やまず来ませと|玉橋渡す

かな読み

ひさかたの|あまのかはに|かみつせに|たまはしわたし|しもつせに|ふねうけすゑ|あめふりて|かぜふかずとも|かぜふきて|あめふらずとも|もぬらさず|やまずきませと|たまはしわたす

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマノカハニ|カミツセニ|タマハシワタシ|シモツセニ|フネウケスヱ|アメフリテ|カゼフカズトモ|カゼフキテ|アメフラズトモ|モヌラサズ|ヤマズキマセト|タマハシワタス

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMANOKAHANI|KAMITSUSENI|TAMAHASHIWATASHI|SHIMOTSUSENI|FUNEUKESUE|AMEFURITE|KAZEFUKAZUTOMO|KAZEFUKITE|AMEFURAZUTOMO|MONURASAZU|YAMAZUKIMASETO|TAMAHASHIWATASU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amanokahani|kamitsuseni|tamahashiwatashi|shimotsuseni|funeukesue|amefurite|kazefukazutomo|kazefukite|amefurazutomo|monurasazu|yamazukimaseto|tamahashiwatasu

左注|左註

右件歌或云中衛大将藤原北卿宅作也

事項|分類・ジャンル

雑歌|七夕|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌|王->玉

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまのかはに,[寛]あまのかはらに,
かみつせに,[寛]のほりせに,
たまはしわたし[寛],
しもつせに,[寛]くたりせに,
ふねうけすゑ,[寛]ふねうけすゑて,
あめふりて[寛],
かぜふかずとも,[寛]かせふかすとも,
かぜふきて,[寛]かせふきて,
あめふらずとも,[寛]あめふらすとも,
もぬらさず,[寛]もぬらさす,
やまずきませと,[寛]やまてきませと,
たまはしわたす[寛],

巻数

第9巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました